ゲーム大好き女による新作ゲーム情報・レビューブログです。

PS4本体を今買うべき5つの理由【今からでも全然遅くない】

PS5が出ているのに、これからps4を今から買うのはどうなん?
今からPS4を買ってもまだ楽しめるんだろうか

と悩まれている方にPS4は「これから買っても正解」だという理由を5つ説明いたします。

目次

理由① PS5本体が出たことで大幅に値下げしているから

機種 発売当初 2020年12月現在
PS439,980円(税抜)29,980円(税抜)
PS4pro44,980円(税抜)39,980円(税抜)

ちなみにPS5の価格は通常版が49,980円、ディスク無しのデジタルエディションだと39,980円ですので、2万円程の違いですね。

ちなみにPS4は、単に「ゲーム機」としての機能だけではありません。

  • DVDやブルーレイディスクが見れる
  • JOYSOUNDのアプリを入れればカラオケになる
  • PlayStation Video、Amazonビデオ、NETFLIX、Hulu、アニマックス PLUSなどの動画サービスも見れる
  • nasne(地上デジタルとBS/110度CSデジタル放送を録画・再生できる機械)をつなげば地上波もBSも録画できる

このように立派な家電としての使い道があるんです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥48,800 (2021/12/02 17:04時点 | Amazon調べ)

理由② PS4はまだまだ現役選手だから

これまでの機種の発売日と、それぞれのアフターサービス終了までの期間を示した表です。

機種発売日アフターサポート終了新機種登場からサポート終了までの期間
PS22000年3月4日2018年8月31日
修理受付終了
約18年
PS32006年11月11日2019年9月30日
CECH-4200シリーズ終了
約13年
PS42013年11月15日2026年~2031年(予測)
PS52020年11月12日

もちろん同じ機種でも品番によって前後するでしょうが、アフターサポートが終了するまでの期間は10年ほどありますので、まだまだ余裕で遊べることがわかります。

2万円弱で手に入れて、仮に3年間遊ぶとすると、1年間あたり6,666円、1か月あたり555円でゲームもできて、動画系サービスやテレビも見れると思うと、かなりお得ですね。

理由③ PS5のソフトはまだ圧倒的に少ないから

現状発売・発表されているPS5のソフトは、FFの新作やハリーポッターのゲームなど、かなり期待できるゲームはありますが、本数としてはまだまだPS4の比ではありません。

2021年発売のPS5ソフト

  • OUTRIDERS(アウトライダーズ)
  • バイオハザード8
  • FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE
  • RETURNAL
  • ハリーポッター:ホグワーツレガシー
  • 仁王 Remastered Complete Edition
  • バランワンダーワールド
  • GUILTY GEAR -STRIVE-
  • DEATHLOOP
  • Horizon Forbidden West

時期未定のPS5ソフト

  • FF16
  • グランツーリスモ7
  • ラチェット&クランク

理由④ 当分はPS4・PS5両対応のソフトがリリースされるから

PS5に搭載されている「後方互換機能」により、PS4のソフトはほぼ(99%)すべてのソフトをPS5でプレイすることが出来ます。
よって、PS4を仮に今購入して遊んでいたとして、2023年頃にPS5に買い替えたとしても、そのソフトをプレイすることができます。

また、しばらくPS4・PS5両方のバージョンでソフトも発売されますので、PS4だからといって、まったく新作がプレイできないわけではありません。

理由⑤ PS5は動作が安定してから買っても遅くないから

決して初期型は不良品が多いと言うわけではありませんが、ユーザーが実際にPS5を使っている過程で発生したバグの修正を重ねていけばいくほど、当然動作は安定しますよね。

よって、発売してから1年ほど様子を見てから買う、という選択が堅実だと思います。

なにせPS5の価格は49,980円。
決して安い買い物ではありませんから。

ちなみに下記の表はPS4の改良の歴史です。

品番発売日変化
CUH-10002013年11月15日初期型モデル
CUH-11002014年09月30日バグや本体エラーを取り除いた改善型モデル
CUH-12002015年06月29日CUH-1100から消費電力8%減、本体重量10%減
CUH-20002016年09月15日2000番台から大幅にチェンジ
小型化され、発熱量、消費電力が減少
価格も低コストに
CUH-21002017年07月24日ほぼ変化なし
CUH-22002018年07月01日ほぼ変化なし

大体2年後に重量が改善され、3年後には大幅にサイズも変わっていますね。

PS5は決して見た目が小さいとも軽いとも言えませんので、軽量バージョンを待ってみるのもありだと思います。

買うならPS4かPS4proのどっちを買えばいいか

PS4の購入に対して前向きな考えになられたなら、次に考えないといけないのは、PS4通常版か、性能が上がっているPS4proかどっちにしようっていうということですね。

大まかに二つの違いを表にまとめました。

機種価格特徴
PS429,980円(税抜)・消費電力が少ない
・ファンの音が静か
・フルHD(1080p)
PS4pro39,980円(税抜)・消費電力が高い
・ファンの音がうるさい
・本体サイズが大きい
・4K解像度
・高い処理能力
・ブロードキャストが1080p / 60fpsに対応
機種

PS5に近い性能を求めるなら「PS4pro」ですが、おそらくこれからPS4の購入を考えている方はライトゲーマーな方が多いのではないでしょうか。

そうなると、動きの滑らかさや4K画質を求めていない限り、コスパを考えてPS4通常版をオススメいたします。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥48,800 (2021/12/02 17:04時点 | Amazon調べ)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥70,980 (2021/12/02 17:04時点 | Amazon調べ)

まとめ

以上PS4の購入を考えている人の背中を猛アタックできましたでしょうか笑

PS4、本当に良い機種で名作ソフト揃いです。

今から古い機体のゲームをやるのはなぁと思われているのは大間違い。
2020年に発売されたPS4のソフトはもう「完成しきった」ゲームがたくさんリリースされました。

是非お買い得となったPS4で、PS4の名作をこれからじっくり楽しまれてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
【ゲーム関連商品の目玉はコレだ!】Amazonブラックフライデーセール開催! 2021年11月26日(金)より、Amazonブラックフライデーが開催されます。ブラックフライデーでは、ブラック、つまり「クロ」がつくものを中心にさまざまな商品が安くなり…

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
目次
閉じる